大腸のなかを把握できる|メニエール病とは内耳にまつわる病気のことを指す
男女の医者

メニエール病とは内耳にまつわる病気のことを指す

大腸のなかを把握できる

外観

身体への負担が小さい

がんのなかにはいろいろな種類があり、そのなかでも厄介ながんのひとつであるのが大腸がんです。ただ、大腸がんは早期に発見することができれば完治が見込めるがんのひとつで、それを踏まえると定期的に病院で検査を受けることが効果的です。大腸のなかにあるがんやポリープを確実に見つけたいのであれば内視鏡を肛門から入れるのがベストです。お医者さんが実際に肉眼で大腸のなかがどうなっているのかを診てくれるので適切にいま現在の状態を把握できます。内視鏡も日々進化をしていて、サイズの小さい初期の大腸がんなら発見したその場で切り取ることもできます。これに対して、検便検査を通して大腸のなかがどうなっているのかを調べる方法もあり、この場合にはいつも出している便を少し採取して提出するだけとかなりお手軽に検査できます。検便検査なら人間ドックなどのためにスケジュールを調整する必要もないですし、痛みなどを感じる心配もないので検査が苦手な人でも大丈夫です。

個人的にもお願いできる

この検便検査を受けたことがある人の大部分が学校や会社の健康診断のひとつとして提出を求められたパターンですが、実際には個人的に検便検査をお願いできます。例えば、個人事業主などの場合には人間ドックなどの健康診断が義務とはなっていないですが、そういった場合には検便検査を請け負ってくれる業者や研究所に問い合わせてみるのがおすすめです。ほかにも、冬場に猛威を振るうのがノロウイルスで、身体がノロウイルスに感染しているかどうかを正確にチェックする手段としても検便検査は効果的です。飲食店などを経営している際には自分、あるいは家族、あるいは従業員がノロウイルスに感染しているのかどうかを把握することがとても大切で、それにより二次感染を防げる確率がぐっと上がります。そういった時に検便検査を取り扱っている民間業者を利用してみるのがとても便利で、パソコンで検索をすれば複数ヒットするので探すのも難しくはないです。