免疫細胞を増やす治療|メニエール病とは内耳にまつわる病気のことを指す
男女の医者

メニエール病とは内耳にまつわる病気のことを指す

免疫細胞を増やす治療

目覚まし時計

癌細胞を退治

体内で誕生した癌細胞は、通常は免疫細胞によって退治されます。しかし免疫力が低い人の場合、誕生した全ての癌細胞を退治することができず、余った癌細胞が増殖することになります。これにより癌を発症することになるのですが、逆に言えば免疫力を高めれば、癌細胞が減ることで体が回復しやすくなるということです。そしてそのためにおこなわれている治療が、免疫治療です。免疫治療は、患者の体内の免疫細胞を、いったん取り出して、培養によって増やすという方法でおこなわれます。培養した免疫細胞を患者の体に戻せば、元は自分自身の細胞だったわけですから、スムーズに体になじみ、力を発揮するようになるのです。基本的に採血と注入のみなので、免疫治療は体への負担が少なく、体力の低下した癌患者でも受けることが可能となっています。

3種類の免疫細胞

免疫治療には、免疫細胞のうちNK細胞を増やすものと、T細胞を増やすもの、そして樹状細胞を増やすものとがあります。NK細胞は、癌細胞に対する非常に強い攻撃力を持っているのですが、増殖しにくいという特徴があります。T細胞は、増殖しやすいのですが、自力では癌細胞をうまく見つけることのできない免疫細胞です。そして樹状細胞は、そのT細胞を癌細胞へと誘導する免疫細胞なのです。免疫治療では、これらのうちいずれかを増やすことができます。免疫治療によって、増えにくいNK細胞は増えますし、狙いを定めることが苦手なT細胞は、数が増えることで効率良く癌細胞を退治できるようになります。そして樹状細胞が増えれば、T細胞は狙いを定めやすい状態になるのです。これにより癌は完治しやすくなりますし、完治後の再発も防がれやすくなるので、免疫治療は注目を集めています。